MENU

無痛分娩

Painless labor

当クリニックでは硬膜外麻酔を用いた無痛分娩を行なっております。
24時間対応しておりますので、普通分娩の経過中に無痛分娩へ切り替えることも可能です。
予め日程を計画して遠方のご家族の立会いをしたい等での計画無痛分娩も可能です。

硬膜外麻酔とは、背中に細いチューブを挿入し、そこから麻酔薬を投与する方法です。
麻酔薬が入ると、20分〜30分ほどで陣痛の痛みが緩和されます。

硬膜外麻酔を用いた無痛分娩のメリット

  • 分娩中の陣痛の痛みのストレスを軽減できる。
  • 痛みを和らげることで分娩後の体力が温存できたと感じる方が多い。
  • 全身麻酔と比べて硬膜外麻酔では赤ちゃんへの影響はほとんどない。
  • 分娩後に傷の縫合が必要な場合でも縫合に伴う痛みのストレスを軽減できる。
  • 緊急帝王切開術が必要となった場合、同じ麻酔法で帝王切開分娩へ切り替えられる。

硬膜外麻酔を用いた無痛分娩のリスク

  • 微弱陣痛
    陣痛促進剤の使用、吸引分娩等の処置が必要となる頻度が高くなる。

硬膜外麻酔による一般的な症状

足の力が入りにくい、発熱、血圧低下、腰痛・背部痛、頭痛、排尿障害、可逆的な神経障害

硬膜外麻酔による稀だが重篤な症状

全脊椎麻酔、局所麻酔薬中毒、血腫、感染、不可逆的な神経障害

合併症が起きないように細心の注意を払って無痛分娩管理にあたりますが、万が一合併症がおきた場合には、速やかに適切な対応をとります。
当クリニックは隣接する総合病院と緊密に連携をとり、緊急時の対応を行なっております。

無痛分娩をご希望の方は当クリニックに無痛分娩の説明書・同意書をご準備しておりますので、内容をご確認の上、お申し込みください。ご不明な点はスタッフへお尋ねください。

料金:分娩費用+50,000円(税抜)~
※費用は、時間帯等によって異なりますので、詳細はお問合せください。

pagetop